【アフラックは元本割れ?2018年の学資保険ランキングで比較】昔は口コミ評判も良くおすすめだった「夢みるこどもの学資保険」だが…

各保険会社の学資保険

(2018年5月25日更新)

りえママ
アフラックの学資保険に入ってる知り合いがいて、110%くらいに増えるって言ってたんだけど?
水沢
数年前はそれぐらい増えたんだけど、今加入すると元本割れしちゃうんだよね…

この記事の中ではアフラック学資保険だけでなく、有名な保険会社7社との比較もしています。

2018年は、結論としてソニー生命の学資保険で間違いないでしょう。

アフラックの学資保険「夢みるこどもの学資保険」とは

昔は110%ほどにも増える学資保険ということで、とても人気のあった学資保険です。

しかし最近のマイナス金利の影響なのか、今では元本割れする保険となってしまいました。

【2018年の学資保険ランキング】保険会社7社を返戻率で比較

※シミュレーション条件
親:25歳女性
子:0歳1ヶ月

保険会社・商品 返戻率
ソニー生命
学資保険スクエア
104.4〜
108.0%
日本生命
ニッセイ学資保険
104.0〜
107.4%
フコク生命
みらいのつばさ
102.5〜
105.8%
明治安田生命
つみたて学資
103.1〜
105.0%
JA共済
こども共済
101.0〜
104.2%
アフラック
夢みるこどもの
学資保険
〜98.4%
かんぽ生命(郵便局)
はじめのかんぽ
95.2〜
98.0%
水沢
2018年も、好条件な保険はつぎつぎと利率が下がるでしょう。

幸いにも学資保険は、加入した瞬間の利率がずっと約束されますので、戻り率が高いうちに検討しておきましょうね。

アフラックの学資保険の特徴とシミュレーション結果

クレジットカード払いできるが…

学資保険はクレジットカードで払えないものも多い中で、アフラックの学資保険はクレカ払ができます。

1%ほどポイントが貯まるクレカで払うといいですね。

しかし1%のクレカポイントが貯まるとしても、元本割れで2〜3%はお金が減るので、やっぱりおトクとは言えないです…

シミュレーションの結果

アフラック公式シミュレーション

※30歳の親が300万円を貯める計算

アフラック学資保険「夢みるこどもの学資保険」シミュレーション

10歳払済という払込方法にしたとしても、98%ほどにしかなりません。

305万円も払って、満期返戻金が300万円に減ってしまいます。

【まとめ】学資保険は返戻率の高いものを選びましょう

数年前まではアフラック「夢みるこどもの学資保険」も利率が良かったようですが、今では元本割れします。

お子様のことを考えて、良い条件の保険に入りましょう。

2018年は、返戻率の一覧でも最も高いソニー生命がおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。