【保険の必要性とは?】ほとんど不要なのに、お金を捨ててまで加入しますか?

(2018年9月10日更新)

今や、保険会社は30社以上。

保険の種類も、医療保険・がん保険・生命保険・就業不能保険などたくさんあり、どの保険に加入すればいいのか判断できない状態です。

こんなに難しい保険、そもそも入る必要はあるのでしょうか?



そもそも保険って必要?不要という話もよく聞くけど?

保険には沢山入っておくべき!
保険なんていらないよ!

このように考え方は人それぞれですが、私は保険にかけるお金は極力おさえて、旅行や外食など人生を楽しみたいと思っています

保険は、家計破綻するような重大リスクを避けるためだけに使っています。⇒「私(我が家)が加入中の保険を公開します

保険とはビジネスの商品です

保険は加入すべきものと思っている人が多いのですが、単なるビジネスの商品です。

保険会社が儲けを得るためのビジネスということを、まずは覚えておきましょう。

日本の家庭は、平均38万円も払っている

統計では、日本の家庭は38万円(年間)も保険料を払っています。

給与も昔のようには上がらず、年金も無くなると言われている私たちが、こんなに保険に入る必要があるのでしょうか?

「念のため」で保険に入ると絶対に損をする

日本人は「念のため保険に入ってる」と言う人が多すぎます。

これって「意味は分からないけど、保険会社に寄付します」と言ってるようなものです。

そんな理由で何十万円も捨てるのは、本当にもったいない。

なぜ保険が必要で、何を守るため、何万円分の保障を備えたいのか。それを正確に決めた人だけが、損をせずに保険に入ることができます。

【チェックテスト】今現在、お金を捨てていませんか?

すでに保険に加入している人は、以下3つの問題に答えられますか?

自分なりの答えを想像してみてください。

チェックテスト

  1. 何を保障してくれる保険に入っていますか?
  2. その保険は、何が起こったとき、どのように使う予定ですか?
  3. その保険があることで、何ヶ月、いまの生活を維持できますか?維持できなくなったらどうしますか?

これに詳しく答えることができた人だけが、損をせず意味のある保険加入できているといえます。

「念のため」や「分からない」と言う人は、ほぼ間違いなくお金を捨てているので保険見直しをオススメします。

ちなみに1番は答えられる人も多いのですが、2番では「なんとなく、お金もらえれば助かる」といった適当な答えが多くなります。

回答の例

以下の回答ぐらい答えられれば、ひとまず大丈夫でしょう。

回答

  1. 入院60日間、1日につき5000円の保険金が貰える医療保険に入っている。ガン特約もつけているので、一時金で100万円貰うこともできる。
  2. 入院したとき、個室料金をまかなうために使う。ガンの一時金は、診断されたときに仕事を辞めたと想定して、直近の治療費や家賃に充てるつもり。
  3. 貯金だけで持つのは約3ヶ月。この保険があることで、仕事を辞めても6か月は生活できることになる。とはいえ病気が長引くと家計破綻する可能性があるので、その場合は実家に帰省するか、在宅ワークを開始して新しい生活をスタートさせる。

友人にこの問題を出したら…

私の知人にこのチェックテストを出してみたところ、

「ここまで知らなきゃダメなの?」
「とりあえず保険に加入してればいいでしょ。」

こんな意見が返ってきました。

厳しい意見を言うなら、お金を捨てたいのなら好きにしてもらって構いません。

損をしたくない方へのメッセージ

毎月1万円も、意味が分からない買い物をしませんよね?

それなのに、なぜ「保険」には何万円ものお金を捨ててしまうんでしょう?

あなたが稼いだ大切なお金をムダにしないためにも、20社以上もの保険会社から自分に合う保険を見つけ出すことが大切です。

オススメ保険なんて無い。必要な保険は人それぞれ違う

ネットや雑誌には「医療保険ランキングNo.1はコレ!」という情報が出ています。

とはいえ私たちは1人1人、家族構成・年齢・収入・住宅ローン、置かれている状況が違います。合う保険だってもちろん違います。

ランキング1位の保険に入ったのに、全く意味が無かった…とあとで気づいても、大切なお金は戻ってきません。

自分に必要な保険を見極めるためにも、無料でアドバイスをくれる保険ショップやFP相談サービスを賢く利用しましょう。

保険ショップに行くべき理由

できるだけ支払いを少なくしつつ、安心した保険に加入するのであれば、貯金や家族構成など踏まえて考える必要があります。

そして、20社以上もある保険会社を比較することも大切。

そんな手間を一度に済ませてくれるのが、保険ショップです。

  • 20〜40社もの保険会社からあなたの状況に合う保険を見つけて、比較・アドバイスまでしてくれる。
  • 何度でも何店舗でも無料。押し売りもされない。加入しなくてもOK。
  • セカンドオピニオンとして、さらに他の保険ショップへ行くこともOK。

「保険」は慈善事業ではありません。利益を求める商売です

保険会社社員の高い給与、誰が払っている?

保険会社は35歳で1000万円とも言われる高い給与。

さらにはテレビCM、都心の立派な自社ビル。

そんな素敵な保険会社社員の給与は、どこから出ているのでしょうか?

もちろん、皆さんのような一般のお客様から集めた保険料が使われています。

保険営業マンの目的は、いかに利益をあげるか

【1】ノルマを達成するために加入者を増やす

必要な保険だと思ってもらえるように営業トークをします。

【2】企業利益につながる保険を売る

保険会社が利益の大きい保険(=お客様が損する保険)を売れば、保険会社は儲かります。

ですので、こんな有利な保険があっても向こうからはまず教えてくれません
返戻率120%!貯蓄が増え続けるオリックス生命RISE(ライズ)

あなたの生活よりも、保険会社の利益・ノルマが優先されていると肝に銘じておきましょう。

【まとめ】必要な保険を賢く見極めるには

保険を上手く活用すると、こんなことが実現できます。

  • 大切にしている家族を守る
  • 家庭崩壊のマネーリスクに備える
  • 貯蓄保険活用で学費の準備

 

その助言をくれるサービスとして、中立な保険ショップや、FP無料相談サービスがあります。

念のためではなく、あなたの家庭に合った保険加入をしてくださいね(^^)

水沢
皆さまが、豊かな暮らしになる保険見直しができることを願っております。