【自動車保険の選び方】加入する必要性と、安くて良い自動車保険の見積もり方法は?

自動車保険の選び方と必要性

車を購入した際、強制ではないけれど入ったほうが良いと言われる自動車保険。

「そもそも自動車保険って必ず入らなければいけないの?」
「毎年何万円も高すぎるんだけど!」

こんな意見も多数ありますので、この記事では以下のポイントを見ていきたいと思います。

  • 自動車保険(任意保険)に加入する必要性
  • 安くて良い自動車保険の選び方

自動車事故が起こると、何にお金がかかるの?

自分のケガや車修理にかかるお金

まず当然のことながら、自分がケガをした場合の入院や通院の治療費にお金がかかります。

そして自分の車の修理費、レッカーをした場合にはレッカーにかかる費用もかかります。

とはいえ、これらは言ってみれば自己責任なので、保険に入っていなくてもしょうがないなと割り切れる部分です。

相手に支払うお金(賠償責任)

相手に支払う「賠償責任」こそ、自動車保険に加入する大きな理由と言えます。

1つの事例を見て見ましょう。

事故の事例

追い越ししてはいけない車線での追い越しで、前方に車がいたにもかかわらず、車間距離をつめ、追い越しをしてしまい対向車と正面衝突をした。

この場合は、追い越ししてはいけない車線での追い越しなので、100%こちらが悪くなる可能性が高いです。

相手に支払うべき賠償責任

ケガの治療費や入院費。ケガの程度にもよりますが、重ければ長い期間の入院費もかかります。

相手の車の修理費用及びレンタカーなどの費用がかかります。

もし死亡事故にでもなれば、何億円という支払いを命じられることも珍しくありません。

いざという時に、この何億円もの賠償責任を払うだけの貯金があれば、正直なところ自動車保険に入らなくてもいいんです。

普通はそれだけの余裕は無いので自動車保険に加入することになります。

強制的に加入する「自賠責保険」があるのに、個人でも加入するべき?

自動車に関係する保険には2つあり、「自賠責保険」と「任意保険」とがあります。

「自賠責保険」は強制的に加入させられる

自賠責保険は車やバイクなどには必ず掛けなければならない強制保険であり、自賠責保険への加入は法律で定められています。

「任意保険」が自分で入る自動車保険

任意保険は必ず加入しなければならないものではありませんが、自賠責保険では補償されないものを補償されるために加入する、いわば自賠責保険に上乗せするための保険です。

強制ではないもののほとんどの人が加入しており、任意保険に加入するためには民間の保険会社で加入することになります。

自賠責保険で補償される内容・金額

自賠責保険とは、事故で相手が死亡またはケガをしてしまった場合に相手または遺族に支払われる保険です。

<自賠責保険の補償金額>

補償金額
死亡 3000万円
後遺障害 4000万円
治療 120万円

ちなみに、相手の車や電柱などいわゆる「物」に対しては補償されません。あくまでも事故の相手(人)に対する補償となります。

自賠責保険では高額の責任に対応できない

自賠責保険は金額に上限があるため、超えてしまった部分は自己負担で支払わなければなりません。

もし事故で相手を死亡させてしまった場合には1億円を超える事もあります。

過去の事例では後遺障害となった相手に対して2億円以上もの支払いが生じた例もあります。

このような自賠責保険でカバーすることができない事を補償するために、民間保険会社の自動車保険(任意保険)に加入する必要があります。

民間の自動車保険(任意保険)で補償される内容・金額

上で述べたように、自賠責保険では補償されない部分を補うための保険です。

相手の車の修理費や自分の車の修理費、相手や自分がケガをした場合の治療費などが補償されます。

民間自動車保険(任意保険)では大きく分類すると、以下のような補償があります。

  1. 車両保険(自分の車が破損した場合の修理費を補償)
  2. 対人賠償保険(相手を死亡またはケガなどをさせてしまった場合に、自賠責保険の上限を超えた部分を補償)
  3. 対物賠償保険(相手の車、建物、電柱などの公共物が破損した場合の補償)
  4. 人身傷害補償保険(自分の通院や治療費、仕事を休んだことによる休業の補償)
  5. 無保険者傷害保険(相手が無保険でかつ保険加入でも保険金額が少ないまたは、支払い能力がない場合対象)
  6. 搭乗者損害保険(運転手を含む搭乗者が死亡またはケガをした場合の補償)

自賠責保険では対処しきれない高額な対人賠償や電柱、相手の車の破損、公共物破損などの対物賠償が補償されるため、自己負担を大きく軽減させることができます。

補償金額を無制限にもできるので、高額な賠償に備えることができます。

民間の自動車保険(任意保険)にはこんなサービスもついてくる

  • 示談交渉サービス:スームズに示談できるように担当者が間に入って交渉するサービス
  • 特約により弁護士にかかる費用:自動車事故に限定しているもの、または日常生活上での弁護士にかかる費用の2種類がある
  • 日常生活賠償責任特約:日常生活で起こる賠償責任を保険で補償することができる。例えば、お店のガラス商品を壊してしまったり、ベランダから花瓶を落として道路の人にケガをさせてしまった場合など。

【結論】自動車保険(任意保険)は必要

ここまで書いたように、自動車保険(任意保険)への加入はあくまで自由です。ただし人やモノに損害を与えた場合、必ず賠償責任を支払うことになります。

何千万〜何億円もの支払いにも対応できるよう、「任意」ですが必ず加入しておきましょう

安すぎて怪しい?インターネット通販の自動車保険

インターネット通販を避ける理由ツートップの「安すぎて怪しい」「対応が悪そう」というウワサについて解説します。

【安い理由】営業マンの人件費(給料)がかからない

営業マンの人件費がかかっていません。

保険会社は日本の中でも、給料が高い業界です。そんな営業マンの給料がかからないので、お客様に低価格で販売できるんです。

【事故の時の対応】コールセンターも対応も同じ

営業マンに直接会って自動車保険に加入しても、事故が起こったときは「コールセンターに電話してください」と言われます。

インターネット自動車保険でも、事故が起こったときはコールセンターに電話します。

…これ、全く同じですよね?

2万〜5万安くなるのも当たり前!比較して良い保険会社を見つけよう

私は約半額になりました

私は5年ほど前に、「東京海上日動火災保険」から「おとなの自動車保険」に変更済みです。

こんなに安くなるなら、正直もっと早く変えておけばよかったと思いました。

東京海上
45,000円

おとなの自動車保険
23,000

ラクに良い保険会社を見つける方法

保険会社1社ずつ見積もりを取るのは、同じことを何度も入力するので手間がかかります。

しかし、そんな手間を無くす方法として「自動車保険の一括見積もり」便利サイトがあります。

まず見積もりだけ貰って、どれほど安くなるか比較してみましょう。

比較保険会社の一覧

※私が比較した時、良いと感じた保険会社に色付けしました。

共栄火災、ゼネラリ、ソニー損害保険、そんぽ24損害保険、チューリッヒ保険会社、SBI損害保険、アクサ損害保険、三井ダイレクト損害保険セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)イーデザイン損害保険、AIU保険会社、富士火災、三井住友海上火災保険、朝日火災、東京海上日動火災保険、あいおいニッセイ同和損保、全労済、セコム損害保険 


【当サイト人気NO.1】
保険ショップ検索サイト

 

  • 全国1400店を網羅
  • 押し売り一切ナシ!
  • 相談のみでもOK!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。