【住友生命バイタリティにデメリットは?】保険料が上がっていく可能性もある/『健康割引プログラムVitality』

2018年7月24日に登場した住友生命のバイタリティ[Vitality]

健康体の人が、さらに健康に向けた活動をすることでポイントが貯まるという、他には類を見ない保険です。

公式HPではメリット中心で述べられていたため、この記事では裏のデメリット部分にも注目したいと思います。

結論を先に申しますと、そもそも保険料が高めなので、『割引』されてもまだ他の保険会社のほうが安いことがあります。

安さを求めたい人は、他の保険会社とも比較しましょうね。




住友生命バイタリティだけに加入することはできない

まず、バイタリティに加入したいです!と言っても加入はできません。

他の保険とセットで加入することが決められています。

バイタリティとは、健康状況によって別の保険が割引される健康割引制度のようなものと思ってください。

「vitality健康プログラム」という名の割引制度

バイタリティ(vitality)は健康増進乗率適用特約と呼ばれています。

住友生命の既存の保険商品「プライムフィット1UP」と「ドクターGO」を、割引することができる健康割引制度です。

ただ、この制度を利用するために月額利用料金として864円がかかります。割引する制度なのに、年間10,368円も逆に取られるのは少し違和感がありました。

個人的には、月額使用料は無くして「健康活動をやる人だけが自動的に割引される」制度なら利用しやすいなと感じます。




【最大30%の割引?】その恩恵を受けるハードルは高い

バイタリティ(vitality)の一番の特徴は、行った健康活動に応じてポイントが貯まり、そのポイントによって割引率が増えるという仕組みです。

割引率はスタート時点では15%。これを割引率30%に達するには、ポイントの条件を8年連続で達成しなければなりません。

【公式HP:ポイント獲得の健康増進メニュー】

また、公式HPに記載されている30%割引というのは、月額使用料金を除いて計算されています。

バイタリティはその利用料金だけで年間10,368円もかかるため、それを含めて自分でシミュレーションをする必要があります。

【割引ランクの認定基準】どのくらい頑張れば割引される?

ランク 必要ポイント 保険料
ブルー 0〜11999 2%高くなる
ブロンズ 12000〜19999 変化無し
シルバー 20000〜23999 1%安くなる
ゴールド 24000以上 2%安くなる

年間の活動によって、このようにランク分けされます。

ゴールドランクに認定され、2%の優遇を受けるにはどんな活動が必要なのか公式HPで確認しておきましょう。

ポイントを貯める活動は多岐に渡る

ポイントを獲得するための健康活動は、以下の公式HPに掲載されている通り、かなり多くの種類があります。

【公式HP:Vitalityポイント獲得ガイド】

ポイント獲得をサボってしまうと逆に保険が高くなる

ブロンズランクの場合は割引率に変化がありませんが、ブルーランクになると逆に保険料が割増になります。

さらにバイタリティは月額利用料がかかりますし、「やらないほうがよかった!」という人も出てくると思います。

バイタリティの恩恵を受けるために、長い年月継続してポイント獲得(健康活動)ができるか?自分自身に問いかけてみてくださいね。




こんな人にはメリットがありそう

  • あえて月額料金を払うことで、健康管理や運動のきっかけを作りたい。
  • 他の会社のほうが安い保険だと分かっても、住友生命という会社が好き。
  • ウェアラブルデバイスを1日中つけている
  • 毎年欠かさず健康診断を受けている
  • 健康診断以外の、がん検診などにも積極的
  • オンラインでの画像アップロードは苦にならない

バイタリティ(Vitality)がピッタリ合いそうな人物イメージ

  • 「vitality健康プログラム」の利用料金を毎月払うことで、健康活動を継続的にやるという試練を自分に与えたい。
  • ジムで運動をして、毎年ちゃんと健康診断にも行っている。
  • 腕にはいつもスマートウォッチをして、歩数や消費カロリーを計算している。
  • 健康診断書のスキャンやアップロードも簡単にこなせる。

独断で思い描いて見ると、こんな感じでした。

私のイメージだと「基本は色黒、遊びも仕事も120%楽しんでいるITベンチャー企業の社長」ですかね・・・。

【まとめ】割引制度とはいえ、保険料の安さは感じない

冒頭で書いたとおり、バイタリティ(vitality)という割引制度を利用できるのは、住友生命の「プライムフィット」「ドクターGO」という2つの保険商品のみです。

しかし、この2つの保険商品の保険料が高めということもあり、安さを求めるなら他の保険会社とも比較すべきと思います。

まだ発売直後なので、今後また内容が変わることもあるかと思います。最新情報は、住友生命の公式HPをご確認ください。

→バイタリティ(Vitality)公式HP

 

<<管理人より>>

当サイトに、保険会社関係者と思われる方より「保険のデメリットは書かないでください」というご連絡をいただくことがあります。

保険会社様のサイトでは良い部分を中心に掲載されているため、当サイトは知識の無い一般の人がなかなか気づけないポイント・勘違いを防ぐための情報掲載をする方針です。

虚偽の内容を記載するつもりはありませんので、もし誤った内容が見つかった場合には、ご連絡いただけましたらすぐ訂正を致します。

 

2 件のコメント

  • 記事を拝見しました。目先の保険料が得か損か、のみにスポットを当てて記事を書かれているのでしょう。
    健康のために何か始めたいけどきっかけがない、始めたけど続かなかったという方に対し、目標と健康管理メニューを提供し、目標達成すると特典がもらえる行動経済学を利用したモチベーション維持のプログラム。そのプログラムの対価がVitality利用料864円です。
    利用料が年間いくらで、割引額がいくらだから差額マイナスで損、、、といった単純なものではないことは、ホームページの情報を確認いただいたり、Vitality発祥の地の南アフリカの現状や、一般の方がツイッターで呟かれているのを見ればお分かりいただけるかと思います。
    今後生命保険業界は健康をテーマに各保険会社がしのぎを削って行く時代になっていきます。どうぞ、より広い視点から記事を書かれることをお勧めします。

    • このたびはコメントいただき、ありがとうございます。
      営業担当者様からのご意見ということで、大変参考になりました。

      >目先の保険料が得か損か、のみにスポットを当てて記事を書かれているのでしょう。
      >利用料が年間いくらで、割引額がいくらだから差額マイナスで損、、、といった単純なものではない

      これは、裏をかえせば営業担当者様から見ても、[バイタリティ+1UPまたはドクターGO]を費用面だけで判断するなら得ではないというご意見ですよね。
      バイタリティの価値は、保険料や保障内容ではないところに見出せる方々に向けられたものであり、
      「安い保険料で充実した保障を求めたい」人々には合わないものだと、あらためて認識できました。

      もちろん「安さと保障内容だけでよい」と思っている方々にも、バイタリティの特徴をご説明された上で、加入者を増やす方針かと推察します。
      説明によって利用者の考え方も変わり、健康な方々も増えていけば、素晴らしいことだと思います。

      ・バイタリティという付加価値を素晴らしいと感じて加入する方々
      ・そうは言われても、保険には安さと充実保障だけを求める方々
      このどちらが多いのかは、数年後の契約者数の推移などからも見えると思いますので、個人的にも楽しみにしております。
      当記事の現在のスタンスとしては、後者のユーザー層が勘違いしないようにといった想いで記載させていただきました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。