インフルエンザで医療保険は使えるの?我が家の予防方法も紹介します

まず結論から言いますと、インフルエンザに医療保険は使えます。とはいえ1週間も外出できなくなるインフルエンザはできるだけ避けたいですね。

この記事ではまず、どんな治療なら医療保険が使えるのか、具体例を含めて説明します。

次に、インフルエンザにかからなくなった我が家の予防方法をご紹介しますね。

※あくまで我が家の予防方法となります。医学的な根拠はないので、参考程度にご覧ください。

インフルエンザで医療保険が使えるのはどんな時?

入院すると保険金を貰える可能性は高い

インフルエンザの治療方法は様々あります。代表的なものは投薬治療ですね。

ただし、合併症として肺炎を発症している方などは入院となる場合があります。

また、お子様や高齢者の方、身体が弱いなどの理由で、入院しなければ危険であると判断された場合も、入院治療を行うこともあります。

そんな時、医療保険の入院給付金を貰うことができます。

医療保険でいくら保険金が貰えるの?

ほとんどの医療保険には「入院給付金日額5千円・1万円」といった保障がついており、医療保険の入院給付金×入院日数が保険金として支払われます。

インフルエンザで入院が生じた際には、ご自身の医療保険から保険金が貰えるかどうか、保険会社に問い合わせましょう。

通院保障という名の特約には注意

「私の医療保険に通院保障って書いてるから、病院に行ったら保険金貰えるよね?」

こんな勘違いをしている人は多くいます。

医療保険には、セットで「通院特約」という保障がついている保険商品もあります。

しかしほとんどの場合、通院給付金が貰えるのは「入院して、退院した後に生じた通院のみ」という制約がついています。

入院を伴わないごく普通の通院は対象外です。期待外れにならないように知っておきましょうね。

我が家のインフルエンザ予防策をご紹介

基本対策「予防接種・うがい・手洗い・マスク・加湿器」

水やお湯を頻繁に飲む

もはや定番の「R-1ヨーグルト」

「ミリオンミスト」の長芋パワー

ミリオンミストって聞いたことないけど何?

長芋に含まれる「ディオスコリン 」とは

国立大学法人弘前大学が、「ディオスコリン」という成分についてこのように発表しています。

「ディオスコリン」はAソ連型、A香港型、B型インフルエンザのそれぞれに、抑制効果がある。

ディオスコリンは長芋のネバネバ成分に大量に含まれているとのことで、我が家では長芋を頻繁に食べるようになりました。

ディオスコリンに注目した口腔用スプレーが「ミリオンミスト」

長芋成分ディオスコリンを含んだスプレーが、ミリオンミストです。

医療に関する法律によって、「インフルエンザに効果があるよ!」とは言えないようで、用途としては口の感想を防ぐものと記載されていました。

あくまで我が家の結果ですが、これを使うまでは毎年家族の誰かがインフルエンザになっていたのに、使い始めてからは全員が健康でした。

まとめ:インフルエンザに医療保険は使えるけど、まずは予防をしましょう

インフルエンザにかかると1週間は外出できなくなるので、仕事も遊びもできなくなってツライですよね。

私も対策は万全にしているものの、人混みはできるだけ避けています。

医療保険(入院)のお世話にならないように、インフルエンザの流行時期こそ健康的な生活を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。