【メディフィットプラス(plus)の注意点とおすすめポイント】ガン・三大疾病・八代疾病を幅広く保障/メディケア生命の特定疾病一時給付保険

メディケア生命の「メディフィットプラス(plus)」は安い保険料で、がんや、その他の特定疾病について保障を得られることで人気の保険商品です。

でも、特定疾病(三大疾病、八大疾病)と言われても難しいですよね。

水沢
この記事では特定疾病の詳細も説明しつつ、メディフィットプラス(plus)の内容を分析していきますね。




メディフィットプラス(plus)は何を保障してくれるの?

特定疾病(三大疾病または八大疾病)を保障

メディフィットプラスは、三大疾病・八大疾病を保障する保険です。

では三大疾病と八大疾病とはそれぞれ何を指すのでしょう?

三大疾病とはどんな病気・症状?

がん、心疾患、脳血管疾患の3つを三大疾病と呼びます。

心疾患や高血圧性疾患、と言われてもピンと来ませんよね。三大疾病の具体的な病名はこの3つです。

①心疾患心筋梗塞、不整脈、心房細動など
②脳血管疾患くも膜下出血、脳動脈瘤、硬膜下血腫など
③高血圧性疾患高血圧を原因とした大動脈瘤、大動脈解離

八大疾病とはどんな病気・症状?生活習慣病も含みます

三大疾病より幅広い8つの病気。いわゆる生活習慣病を指します。

がん、心疾患、脳血管疾患、腎不全、肝硬変、慢性膵炎、糖尿病、高血圧性疾患の8つを八大疾病と呼んでいます。



保険金・給付金はどんな時に貰える?

特定3疾病(三大疾病)プランなら、がん、心疾患、脳血管疾患。

特定8疾病(八大疾病)プランなら、がん、心疾患、脳血管疾患、腎不全、肝硬変、慢性膵炎、糖尿病、高血圧性疾患の8つが保障されます。

その病気となった際に、まとまったお金(いわゆる一時保険金)が貰えます。

【要注意】保険金を貰うためには条件が定められている

お医者様にがんと診断された!それでもお金が受け取れない場合もあるってご存知ですか?

これはメディフィットプラスだけでなく、他の保険も同様です。

詳細は、保険商品ごとの「約款」という冊子に書かれています。

約款とは?

保険会社と契約者(被保険者)の間で交わされるルール・契約書のようなものです。
非常に細かいため、一般人が理解することはもはや不可能というレベル。

【事例】がんと診断されて保険金が貰えるケース

がんと診断されると言っても、診断には大きく分けて2つの検査方法があります。

①組織診:唾液、皮膚の表面、痰、尿などを採取し検査する方法。

②生検(病理組織学的検査):手術などで病気になった部分を切り取って検査する方法。

がんの検査を行っても、①組織診の検査では完全な診断確定に至りません。あくまで「がんである可能性が高い」という状態です。

②生検という検査ではより精密に検査ができるため、がんと診断確定されます。

メディフィットプラスで「がん一時給付金」が貰える条件

ではメディフィットプラスの「がん一時給付金の支払要件」について約款を見てみましょう。

「がんと診断確定されたことのない被保険者が、がん責任開始日以後の保険期間中に次のいずれかに該当したとき」

第1回の給付金:がん責任開始日以後の保険期間中に初めてがんと診断確定されたとき

では、「がんと診断確定される」とは何を指すのでしょうか?

「がんの診断確定とは」

医師によって病理組織学的所見(生検)により診断確定されることを要します。
ただし、病理組織学的所見(生検)が得られない場合には、他の所見による診断確定も認めることがあります。

つまり、先ほどご紹介した②生検による検査が必要なんですね。

他の所見による診断確定も認めると書いてはありますが、それは特例です。

生検をしなくてもガンと認められるケース

手術などで病気になった部分を切り取ることも体に負荷がかかりすぎて困難という、非常に悪い状態。

その際には、②生検の検査結果が無くてもがんと認められることがあります。

 

以上、ここではガンを例に挙げましたが、他の7つの病気にも条件があるため、加入前に確認しておくことをお勧めします。

保険ショップの担当者や、ファイナンシャルプランナーに「がんになったらお金が受け取れると言うけど、保険会社はどんな状態をがんになったと認めるのですか?」と聞けば、約款を持ってきて一緒に確認・説明してくれますよ。

特定疾病の保険は、医療保険と何が違う?

ここまで、三大疾病・八大疾病の病気になったときお金(保険金)が受け取れることを説明しました。

保険金の受け取り方についても、一般的な医療保険と比較してご説明しますね。

医療保険
  • どんな病気や怪我でも、入院・手術をすれば給付金が受け取れる
  • 入院1日あたり5,000円、手術1回あたり5,000円の10倍=50,000円等という計算で受け取れる
  • 特約(オプションのようなもの)をつけることで保障を増やせる。(例:女性特有の病気で入院した場合、1日5,000円を上乗せして受け取ることができる特約)
メディフィットプラス
  • 決まった病気になったとき、50万円、100万円といったまとまった給付金が受け取れる
  • 複数回一時金を受け取ることもできる(1年以上の間隔が必要)
  • 怪我での保障はない
  • 特約は医療保険に比べて少ない(3大疾病保険料免除特約・先進医療特約のみ)

 

どんな病気でも怪我でも保障されるなら医療保険の方がお得では!?と思った方、そうではないのです。

例えばがんと診断されても、がんの進行度や部位によっては2〜3日の入院と手術で一旦治療は終わり、医療保険の給付金は10万円にも満たない…なんてこともあり得ます。

がんであれば入院、手術、検査にかかるお金が軽い病気より高くなりますし、定期的に通院し予後を見たり、投薬治療が必要な場合もあります。そういった場合医療保険は特約をつけるなどしないと役には立ちませんが、メディフィットプラスならまとまったお金が受け取れるため、その後の治療にも役に立てることができるのです。

医療保険は広くカバーできる代わりにそう多くの給付金を得られませんが、メディフィットプラスであればピンポイントでまとまったお金を保障してくれるのです。どんな保険も適材適所、なのです。

どっちが良いか?ではなくほとんど別物、と考えた方がいいですね。

メディフィットプラスのオススメポイント!

ここまでいろいろな角度でメディフィットプラスについてご紹介してきました。

最後に筆者なりのオススメポイントを、少しマニアックな部分まで含めてご紹介したいと思います。

がん・心疾患・脳血管疾患という幅広い保障範囲は随一!

脳卒中(くも膜下出血や脳梗塞など、命の危険が高い病気)や急性心筋梗塞だけでなく、様々な心臓・脳の病気に対応し、受け取ることができる一時金の金額は一定。

さらにがんは上皮内がん(一般的にステージ0、と言われる状態。進行度はがんの中で最も低い)でも同じ金額が受け取れます。他の保険会社の商品では上皮内がんの場合保障される一時金の10%のみの受取となる場合もあるのです。

さらに深く掘り下げていくと、一部のがんでは「高度異形成」といって上皮内がんのさらに手前の状態でもがんとみなして一時金が受け取れる場合があります。これはメディフィットプラスの強みなのですが、あまり知られていません。

非常に多いのが子宮頚部高度異形成。子宮頚がんの前がん段階です。この状態でお金を受け取れる商品は非常に少ないので、特に20代〜40代の女性の方はこれだけでもメディフィットプラスを選択肢に入れてもいいといっても過言ではないと思います。

先進医療特約は三大疾病・八大疾病以外の病気でも請求可能

「若い頃に入った安い医療保険は解約したくないけれど、古い保険だから先進医療特約が付いていない…」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

裏技として先進医療特約を持つためにメディフィットプラスに加入するという手もあります。厚生労働省の認可の降りている医療機関で受けた先進医療ならば給付金の請求対象になります。

各保険会社で特に支払実績が多いのが、白内障治療の先進医療である「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」です。白内障は加齢とともに誰にでも身近になる病気。白内障は8大疾病ではないけれど、先進医療特約では保障の対象なんです。

昔から続けている医療保険でリーズナブルに入院・手術をカバーして、メディフィットプラスで大きな病気への一時金の備えと先進医療特約を、といった使い方も良いですね。

先進医療保険の特約は、今後保険料が上がってしまう?

昨今、先進医療特約の請求が徐々に増えており、保険会社各社で特約の保険料が上がっていく動きを見せています。

現在であればメディフィットプラスなら月々数百円で特約付加できますので、検討している方はお早めに加入することをお勧めします。



【まとめ】幅広い保障範囲で考えると安くてコスパの良い「メディフィットプラス(plus)」

似た保険「スマイルセブンsuper」などと単純に比較すると、保険料が高いな…と感じるかもしれません。

しかし保障の広さ、手厚さを加味すれば業界内でも充分保険料は安く抑えられています。

また、メディケア生命は専属の営業職員(いわゆる生保レディ)を持たず、CMなどでお金をかけて宣伝することもあまりない会社ですので、人件費の分だけお客様の保険料も安くなっているようです。

結論として、安い保険料で幅広い病気に備えたい!という人にはオススメできる保険商品です。

【中立な立場のプロにアドバイスをもらう】20社を比較できる無料保険相談

保険選びを自分でするのは難しいし、本当にこの保険で良いのか?と迷ってしまうものです。

そんな時、あなたの状況に合わせて安くて良い保険を教えてくれるのが無料保険相談サービス。

  • 20社以上の保険会社から、安くてあなたに合う保険を提案してくれる
  • 押し売りが無く、相談だけでも親身になってくれる。
水沢
ちなみに【保険見直し本舗】なら40社以上の保険会社から、あなたに合った安くて良い保険を探してくれますよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。