【2018最新版】貯蓄保険の返戻率ランキング – 1位オリックス生命を徹底分析

(2018年9月10日更新)

ゆきな
養老保険って良いの?うちの親は入ってるみたいなんだけど。
水沢
最近の養老保険は全然増えないから、貯蓄を増やすなら他の保険が良いよ。

せっかくなら120%ぐらいは増やしたいからね

昔は養老保険でお金を増やせましたが、最近の養老保険はほとんど増えないので加入者も激減しています。

ここでは貯蓄性保険のランキングと、1位オリックス生命の返戻率を高める裏ワザも解説していきますね。




【2018年の貯蓄型保険ランキング】

保険会社 戻り率
オリックス生命
ライズ[RISE]
111.6%
損保ジャパン
一生のお守り
106.8%
住友生命
バラ色人生
103.5%
三井住友海上
&LIFE
101.7%
養老保険全般 95%~
99%
日本生命
みらいのカタチ
約93%
かんぽ生命
新ながいきくん
92.2%
アフラック
ways
87.5%
メットライフ
つづけとく終身
約86%

マイナス金利が影響して、養老保険をはじめ、貯蓄型保険は元本割れする保険会社が増えてきました。

オリックス生命はまだ高利率を保っているので、下がる前に検討したいところです。

 

 

【実際の見積書】どんな風に増える?1位オリックス生命の場合

私の友人(30歳男性)が2017年3月、ファイナンシャルプランナーさんに見積りをしてもらった用紙です。

●加入1年目~20年目:返戻率が10年後から急上昇

●65歳以降の拡大図:さらに寝かせると、こんなに…

 

水沢
このように預けて寝かせておくだけで増えていくんです。




 【返戻率を高める裏ワザ】ポイントは「払込期間」

オリックス生命払込方法

払込期間とは?

オリックス生命のライズは、設定した金額を何年かけて払い切るか(=払込期間)自分で決めることができます。

しかしよく分からず「60歳まで払う」設定にしている人がほとんどです。

払込期間を短くすると返戻率(戻り率)が最大!

実は、払込期間を短く終えて長く寝かせるほど、返戻率は大きくなるんです

60歳まで払わずに、10年や15年という短い期間で払い終えれば、増え幅も大きくなります。

【さいごに】加入する可能性がある人は、戻り率が高い今のうちに!

マイナス金利はまだ続いており、2018年も利率は下がっていくと言われています。

幸い、オリックス生命ライズは加入した瞬間の利率がずっと約束されるので、今ならまだ高い貯蓄性があります。

水沢
あとで「損したー!」と叫ばないためにも。

加入する/しないの判断は早めにしておきましょうね。