改正保険業法で私たち消費者が有利になる(2016年5月29日施行)

2016年5月29日より、保険業法が大きく改正されるとのこと。

 

この改正保険業法の内容を簡潔にすると以下の通りです。

  • 保険会社、FP、保険代理店など保険を売る立場にある者は、お客様の意向に反した保険商品を販売してはならない。(意向把握の義務化)
  • お客様の意向は紙やデータで控え、それに合致した保険を提案したという証明を残すこと。(記録の義務)

 

 

当たり前のことじゃない?と感じる方もいると思いますが、これにより保険販売員は利益率が高い保険を売りづらくなり、消費者側のメリットが非常に大きくなるという、保険業界にもインパクトがあるニュースです。

 

この法律が施行されると、以下のようなケースは完全にOUTです。保険会社に損害賠償責任が生じることもあります。

・保険販売員のノルマに直結するような利益率が高い保険を勧めるのはNG。
(保険会社の利益が大きい保険は、お客様にメリットが少ない。)

・ほけんの〇〇などの保険代理店が、仲介手数料の高い、ひいき目の保険会社を勧めることはNG。

 

これらが禁止された結果として、消費者・お客様という立場においては多大なメリットがあります。

例えば、「保険には月1万円までしか払えません」というのも私達の意向です。これを無視して高額な保険に入らされた場合、後で訴えると私たち消費者側が勝てる確率が高いです。

また、説明を長く聞いた後に「今回は加入しないでおきます」と言うのも、立派な意志です。強引でしつこい保険勧誘も違法となるため、保険知識を得るためだけに面談に行ってみることもよいと思います。

 

今回の改正保険業法は、お客様のためにならない保険会社・保険販売員を排除しようという国の動きですので、もともと正しい理念で動かれている保険販売員の方にとっては、むしろ喜ばしいことです。

 

消費者としても、このタイミングでFPや保険代理店など複数ハシゴすると、様々な考え方を聞けるので良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。