【節約の新常識】格安携帯の意味が分かった!と好評だった説明を記事にします

Aさん:ドコモのIphoneなんだー!毎月1万円払ってるよ。

Bさん:マイネオ(mineo)でiphone使ってるよ!月1500円で、毎年10万円は浮くから旅行いけるし!

ちなみにBは私です

<我が家の状況公開>
①本体:zenfone3
回線:mineo[マイネオ]

②本体:iphone6
回線:LINEモバイル

③子どもの見守りケータイ
回線:FREETEL

①1510円+②1110円+③299円

毎月2919円です!




三大キャリアは超一流ブランド

ロレックスの時計や、エルメスの鞄といった一流ブランドは、記念にもなるし自慢もしたいですよね。

でもスマホは「Docomoで契約した私って超一流でしょ!」とは言いませんよね。

世間では、この超一流を使っている人が大勢いることに驚きます。

Docomo、au、softbankなんて私みたいな一般人は手を出せません。

 

機種本体で、iphoneやXperiaを使いたい気持ちは分かります。私もiphoneです。

でも、通信キャリアはどこでもいいんじゃないかな!?

 

では次に、「通信キャリアを選ぶ(simカード)」という意味を説明します。

 

通信キャリアを選ぶ!simカードとは?

スマホやガラケーって、いわばただの『箱』なんですよ。ネットも通話もできません。

simカードに、『インターネット』『通話』の権利が入ってるんです。

スマホがゲーム機本体で、そこに差し込むsimカードがゲームソフトというイメージ。

あなたのガラケーやスマホ、表から見えなくてもsimカードは必ず差さってます。

 

驚くsimカードの価格差

通話とネットの権利が入ったsimカードの月額料金。

大手キャリアで買うと約1万円かかります。

格安simなら毎月299円~

例えばドコモで買ったiphone本体でも、差し込むsimはDocomo、mineo、楽天モバイルどれでもオッケーなんです。




格安simのメリットデメリット

メリット

①月額料金
毎月8千円安くなったとすると年間96000円も安い。
10年で約100万円。何度も海外旅行に行けますね!

②2年縛りの違約金が無い
格安simでは「縛り期間一切なし」や「半年間」といった会社がほとんど。

×デメリット

①お昼休みのネットが若干遅い
格安携帯会社はここの優先度を犠牲にし、料金を下げています。

サラリーマンがお昼休みの時間帯に少しネットが遅くなります。動画や3Dゲームは正直厳しいです。

LINE、パズドラ、ツムツム、ニュース記事などは全く問題ありません。

②ショップの数が少ない
Docomo/au/softbankは街中にショップがありますよね。格安携帯会社は、都心には窓口がありますが、地方には少ないです。

ただしその分サポート窓口は充実しており、電話だけでなく、インターネットのチャットでリアルタイムに対話質問できるサービスもあります。

 

格安スマホへ変更するには

ここまで読んでいただいた方。興味があると勝手に判断しますね(笑)

具体的に何を準備するか、細かい説明をしていきます。

まず、繰り返しとなりますが、大事なことなのでもう一度おさらい。
・スマホ本体が『箱』
・simカードが『通話とネットの権利』

つまり、この2つが揃えばいいのです。

『箱』のスマホorガラケー準備

一番簡単なのは、この後に紹介する格安携帯会社で「本体+simカード」セット売りを購入することです。

セット売りがイヤで自分で選びたい人は、simフリースマホといわれる本体を購入しましょう。

※現在Docomoまたはauの方

お持ちのスマホにsimカードだけ入れ替えれば、そのまま使える可能性が高いです。
ただし、ショップでsimロック解除してもらわないと使えない場合があります。

格安携帯会社(mineoやFREETEL)のホームページに、稼働確認済スマホの一覧が載っています。
見つからなければ、サポート窓口に確認すれば教えてくれます。

しかしsimロック解除はお金取られるし色々手間なので、個人的には[端末+simセット]が安心できてオススメです^^

いつ・どこで買うか

いつ買うか、今でしょ!と声を大にして言いたいです。

違約金かかるからと先送りにしている人もったいない。
違約金1万円なんて2ヶ月あれば取り戻せるんだから、一刻も早く格安スマホに切り替えるべきです!

どこで買うかは、私が実際に使った安心できるところだけ紹介しますね。

mineo(マイネオ)

Docomoスマホ、auスマホ、どちらもそのまま使えるのが特徴的なキャリア。
最近CMでも流れているので聞いたことがあるかもしれませんね。

mineoのホームページの中でスタッフがブログを書いたり、遅いと言われる回線速度を自らテスト検証したり。
マイナスのデータすら公開するという、信頼できる会社です。

ちなみに本体は、zenfone3という機種をセットで買いました。
iphoneと肩を並べる性能と言われるスマホだけあって使いやすいです。

ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】
mineo

LINEモバイル

iphone6に差し込んでいるsimカードは、LINEモバイル。

カウントフリーと言って通信容量が無制限になることが目的です。

無制限対象となるアプリは以下の通り。
・LINE
・facebook
・twitter
・instagram

FREETEL

子どもの見守りケータイとして契約しました。使った分だけ料金加算されるところが特徴。
ほぼ使わないので、本当に月299円で収まってます。

セット売りのスマホも10種類以上あるので、好きなデザイン・価格帯から選べるのも良いです^^

 

いかがでしたか?格安スマホに切り替えて、年間10万円オトクにしちゃいましょう!

それではまた^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。