第一生命の返戻率は?〜2018学資保険ランキング〜

学資保険おすすめ比較ランキング

(2018年8月13日更新)

水沢
マイナス金利で、第一生命の学資保険も利率が下がっています。

この記事では返戻率ランキングの紹介と、先輩ママも認める1位の学資保険を解説しますね。

【2018年戻り率ランキング】好条件な保険会社は?

※30歳男性加入での比較

保険会社 戻り率
ソニー生命 104.4〜108.0%
フコク生命 102.5〜105.8%
明治安田生命 103.1〜105.0%
JA共済 101.0〜104.2%
第一生命 100.5〜104.9%
アフラック 96.7〜98.4%
かんぽ生命
(郵便局)
95.2〜98.0%

マイナス金利の影響で、有名なかんぽ生命やアフラックでさえ元本割れになっています。

学資保険は、加入した瞬間の利率がずっと約束されますので、戻り率が高い今のうちに検討しておきましょうね。

学資保険はどこで見積り相談をする?

郵便局や保険会社はオススメしない

保険会社や郵便局で相談すると、その会社の保険しか紹介してくれません。

私たち利用者としては比較してから決めたいのに、それができなくなってしまいます。

最近は、中立なファイナンシャルプランナーが人気

20社以上の保険会社を比較できる、中立な立場のファイナンシャルプランナーさん相談する家庭が増えています。

先輩ママにも好評な「保険見直しラボ」は押し売りナシも約束されているので、見積りを貰うだけでも気軽にお願いできますよ。