【2018個人年金保険ランキング】老後をラクにする「大きく増える貯蓄保険」

個人年金保険おすすめ比較ランキング

(2018年12月11日更新)

国の年金ってもう頼れないよね?

老後の貯金は、早めに始めなきゃ!

水沢
私の周りでも、こんな意見の人が増えてきました。

この記事では個人年金保険ランキングのご紹介と、1位のマニュライフ生命を解説していきます。




【2018年最新版】個人年金保険ランキング/たくさん増える保険会社は?

※30歳男性でのシミュレーション

保険会社 返戻率
マニュライフ生命
こだわり個人年金
約118〜150%
明治安田生命 約105.9%
日本生命 約105.1%
第一生命 約104.6%
ソニー生命 約104.5%
三井住友 約101.3%

日本がマイナス金利となったことで、各保険会社も利率を下げにきています

幸いにも個人年金保険は加入した時の利率が約束されるため、今ならこの表にある返戻率が期待できます。

水沢
好条件な保険が残っている今のうちに、検討は進めておきましょうね

【1位のマニュライフ生命に注目】どんな会社?怪しくない?

『格付け』は第一生命・ソニー生命と同じ

最近テレビCMも始まったマニュライフ生命、実は130年も続いている安定・信頼の保険会社です

格付け機関からも「A+」評価されており、これは第一生命やソニー生命と全く同じ。トップクラスの安心感ですね。

高利率の個人年金で大人気

マイナス金利によって日本の貯蓄保険の魅力が下がり、最近では外貨(ドル)が大人気となっています。

ドルってなんとなく不安…という意見もありますが、いざマニュライフ生命の保険を理解すると

けんた
早めのほうがメリット多いから、すぐ加入したいな
りえママ
ドルって怖かったけど、保険なら安心できるね!

こんな感想を持つ人も増えてきました。

 

【個人年金保険の必要性】みんな加入してる?そもそも必要?

お金に賢い人ほど加入している

個人年金保険の世帯別加入率

(生命保険文化センター「生命保険に関する全国調査」)

個人年金保険は知名度が低いものの、高所得世帯の加入は多く、お金に賢いほど加入していると言えます。

「個人年金保険料控除」という個人年金保険に入っている人だけの節税もできるんです。

国の年金に頼れない時代に、必要性は高い

国の年金が減っていることは皆さんもご存知のとおりでしょう。

そんな時代に、自分で貯蓄を作るための強い味方がこの個人年金保険です。

【まとめ】選び方で大切な2つのポイント

ポイント①返戻率の高さが大切

この保険の目的は、老後に向けた貯蓄です。

多く増やすためにも返戻率の高さを最優先に選びましょう。

ポイント②早ければ早いほど条件が良い

年齢が1歳でも若いほうが支払いは安く、返戻率も高くなります。

つまり個人年金保険に入るなら、早ければ早いほど好条件です。

水沢
良さそうだな…と感じたら、まずは無料の資料請求をしてみましょう。

どれだけ増えるかグラフで分かりやすく書いてあるので、おトクなことが実感できますよ。