落とし穴 「2人に1人がん」という偏った説明

【大前提】保険は慈善事業ではなくビジネス

皆さんを不安にさせて加入してもらう営業手法があります。

・2人に1人が、ガンになりますよ。

・高度障害が増えているので就業不能保険に入りましょう。

・20代が毎年入院する確率は8%もある。

保険営業マンの説明、CM、広告はこのように言います。

しかし、現実的にあなたの知り合いの半分はがんですか?

20代のうち、100人中8人が毎年入院していますか?

 

そんなにいませんよね。

 

20代の入院率8%のカラクリ

最近CMでこのフレーズが流れていますよね。保険会社って言い方がほんとに上手いなと感心する。

例えば100人中、1人だけ持病があって8回の日帰り入院をしたとしますよね。

100人中、8回入院しているので…

「8%の確率で毎年入院しますよ!」という宣伝広告が出来上がります。

実際の総務省統計局データでは、20代の年間入院比率は0.15~0.2%。

1000人中、わずか2人弱です。

毎年数万円を払ってこのリスクに備えたいですか?

不安を煽られたら一旦持ち帰ろう!

今すぐ入りたい気分にさせる宣伝文句を言われたときは一旦持ち帰り、落ち着いて調べてみましょう。

「がん 2人に1人 ウソ」

「医療保険 不要」

このように調べれば、GoogleやYahooが正解を教えてくれますよ。