【更新型に注意!】月1万円以上も高くなる、生命保険の更新とは?

生命保険の更新って知っていますか?
1年・5年・10年といった間隔で、毎月の支払額が増えていくという保険があるんです。

気づかないうちに加入しており、更新のタイミングで何万円も値上がりしてしまって家計が赤字…という人をよく見かけます。

そうならないように、「更新」保険の見分け方。
もし今、「更新」保険に入っていたら、どう対応することがベストか考えていきましょう。

更新型ってダメなの?

更新型とは、5年または10年ごとに新しい保険に入りなおすようなものです。

そのため、年齢が上がると、支払い金額も上がっていくというデメリットがあります。

逆に、5年間という短い間だけ加入するなら、非常に安く済むというメリットもあります。

次の更新をせずに、解約するつもりならOK!

更新型は、加入するときは安いので、つい加入してしまいがちです。
実際にはこれくらいの差があります。

【長期間加入タイプ】
30歳で、平均寿命までの生命保険に入る。
⇒1000万円保障 毎月3700円の支払

【更新型タイプ】
30歳で、10年間に限って生命保険(更新型)に入る。
⇒1000万円保障 毎月1050円の支払

これだけ見ると、②の更新型が毎月の支払金額も魅力的に見えますね。
でも更新を重ねていくと、あるときこんな風になります。

【更新型タイプ】
65歳で更新
⇒1000万円保障 毎月20000円の支払

どうでしょう。もはや毎月払うのを止めたくなる金額ですよね。

つまり更新型は、短期間でやめる前提で加入するなら、オススメできる商品です。

更新型に入っているのか分からないときは

昔ながらの「~~生命保険会社」といった、古くからある保険会社では、いまだにこの更新型が主流です。

ご自身が加入する保険の中に更新型が混ざっているか分からない方は、保険ショップに聞きに行ってみましょう。
(加入中の〇〇保険会社に聞いてしまうと、ごまかされる可能性があるので、あくまで中立的な保険ショップに意見を求めるべきです。)

人生が変わる!保険ショップ選び

今回のようなドル建て保険は、話を聞くうちに、やっぱり「円」の貯蓄保険がいいと思うかもしれませんよね。

このように、入る保険が定まっていない時に大切なことは、リスクやメリットを正確に説明してくれる親身な担当者に相談することです。

良い担当者につくと、その場で比較できる商品を出してくれますよ^^

どこで保険相談・見積りをするべきか?

自分に合った保険に、できる限り安く加入するには、20社以上の保険会社を比較することが大切です。

そのサポートをしてくれる「保険ショップ」と、自宅やカフェにまで来てくれる「FP無料相談」をご紹介します。

「押し売りしない保険ショップ」を探せるサイト

保険初心者の人は、保険でだまされないか心配…という気持ちもあることと思います。

押し売りをしない親身なお店を探す方法としては、2017年に誕生した全国の優良保険ショップ検索予約サイト「LIFULL」が便利です。

ここに掲載のある保険ショップは、セカンドオピニオンや、相談のみのお客様も歓迎しています

水沢
ホットペッパーの保険版ともいえるのが、このLIFULL

近所の優良店を探せるので、保険に苦手意識があった人も1度体験してみてくださいね

自宅やカフェで「安くて最適な保険」の無料相談ができる

子どもが小さくて外出が難しい人や、お金のプロから意見を聞きたいという人に利用されている「ファイナンシャルプランナー無料訪問サービス」

その中でも保険見直しラボは、安さと安心の両方を求める人こそ利用してほしいサービスです。

30社もの保険会社を比較してくれる。
・押し売りによるお客様クレームゼロ。相談のみでもOK。
・加入中の保険をより安く、安心の持てる内容に見直すことが得意。

水沢
自宅に抵抗がある人は、カフェで雑談する気分で利用してもよいでしょう。

保険の基本的な考え方から、丁寧に教えてくれますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。