子どもの学費『学資保険』の必要性・選び方

学資保険の必要性

ここで伝えたいこと

  • 幼稚園から大学までの学費だけで、1000万~2200万かかる。
  • 奨学金や教育ローンを借りると返済利息も取られ、お金が無い悪循環にはまる。
  • 事前に学資保険で積み立てておくと、お金が増えて戻ってくる。

つまり後であわてるよりも、先に蓄えておくほうが何倍も得をする。

 

教育資金の積立が必須

近年の子ども達の、幼稚園から大学卒業までにかかる費用をいくらかご存じでしょうか。

全て公立・県立・都立に通ったとしても、最低1000万。

全て私立など通った場合には、約2200万もの費用がかかってきます。(医大などはさらにプラス)

 

特に高校や大学の入学金は高く、100万~200万といった急な支払いが生じるため、家計に与えるダメージは非常に大きくなってきます。

この時に教育ローン(または奨学金)を使うのか、貯めてきた貯金や学資保険でまかなえるかで、その後の生活を左右すると言っても過言ではありません。

 

教育ローン(奨学金)と学資保険の大きな違い

学資保険は増えます。教育ローンは、多く返済することになります。

 

もし大学4年間の学費、約500万円を借りると想定します。

学資保険:500万円を蓄えるには、450万円を積み立てればよい。

教育ローン:500万円を借りたら、あとで550万円返すことになる。

 

どうでしょう。約100万円も違いが出るなら、事前に蓄える気が起きますよね。

 

学資保険の選び方・良い商品

学費を蓄える際に、「学資保険」という名前の保険が第一に浮かぶかもしれません。

保険代理店や保険会社も「学資保険」は利益率が高いので、売りたいと思っています。

 

目的をおさらいすると、子供が高校や大学になるまでの15~18年間で、貯蓄し、増やすことです。

この目的を達成するためには、実は終身保険が最も適しています。

別の記事で、短期間で支払を終えると、終身保険の利率が高くなるという記事を書いているのでご参考までに。

⇒戻り率130%と特定疾病(三大疾病)保障。オリックス生命の新商品『with(ウィズ)』

 

さらに終身保険のメリットとしては、18年後にお金に余裕があったときは、そのまま預けっぱなしにしておけばさらに増え続けるという点です。

学資保険は、長くても22年したらお金が返ってきて、そこで終了です。

 

子どもの学費を貯めたいとお考えの方は、「終身保険の短期払い済み」というキーワードを是非思い出してください。

 

 

学資保険の代わりに終身保険を使うといったような裏ワザは、保険代理店よりも、FP(ファイナンシャルプランナー)のほうが詳しいです。

FP無料相談の実体験や分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。