【20代〜30代で女性保険は必要か】女性特有の病気に手厚い、医療保険の選び方

女性保険(女性特約)の必要性と選び方のまとめ

女性保険(医療保険の女性特約付き)という商品が最近注目されていますが、必要性はどうなんでしょうか。

  • 医療保険に、女性特有の病気への手厚さをプラスしたものを女性保険と呼んでいる。
  • 女性保険は一生涯の保険としては割高。時期限定で加入しよう。
  • 妊娠前から、希望の出産を終えるまでという時期の加入が賢い。掛け金以上のリターンを得る人も多い。

女性保険の特徴とは?

以下のような、女性特有の疾病について、保障が手厚くなっています。

子宮がん・卵巣がん・乳がん
乳腺症・帝王切開・流産

子宮内膜症・子宮筋腫
卵巣の機能障害、その他多数。

一定時期の必要性は高い

女性保険で特定の疾病について保障を手厚くする理由は、以下の2点です。

①結婚したばかりで貯金もあまりない。入院で突然お金が必要になったときの助け。

②妊娠前に加入しておくと、出産に関する入院費用も貰える。

妊娠後に加入すると、「今回の妊娠出産に関することでは、一切保険金が出ません」という制約がつく。

【まとめ】予定の出産を終えるまで加入する

1人目の妊娠前〜予定の出産を終えるまでこの時期に限って加入しておくと、安心感も得られ、掛け金以上のリターンを得る可能性が高いです。

女性特有の相談は、女性担当者には相談しづらいことと思います。

FPのチカラ」なら無料指名が可能なので、女性FPを選べてオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。