保険に入らなきゃと思う人は、マルチビジネスに勧誘されやすい?

マルチビジネスと保険は同じ

「保険って入らなきゃダメだよね」

そんな人は注意しましょう。マルチ商法でも一番にカモにされるタイプです。

あまり知られていませんが昔のマルチビジネスの代表格は保険です。

今の日本では、マルチと聞くと「そんなのやめなよ!」

保険に入っていないと「安心のために入ろう!

後でお金が貰える可能性があるという意味で同じなのに、この違いは何でしょう?

知り合いに商品を売るマルチ。知り合いのおばさんが売る保険。商品は違えど、考え方は同じではないでしょうか。

保険は善・マルチは悪になる理由

マルチは金儲け集団なので悪。保険は「安心」を売るから善。

こう思っていたら、それは勘違いです。

保険では「安心」をビジネスの商品にして売ることで、保険会社の人は高い給料をもらっていますよ。

海外は保険加入者が少ない。リスクを承知の上で受け入れる

払った金額より少なく返ってくるものになぜお金を払う!?

これが海外に多い思考です。リスク承諾形。

日本人はとにかくリスクに備える

ある人はこう言います。「日本人はリスクに備えて堅実に準備している」

しかしその中で本当にリスクを分かっている人は1割ほどしかおらず、ほとんどの人が必要以上に加入しています。

つまりリスクに備えているわけではなく、保険会社へ「寄付」をしています。

みんなと一緒が安心な日本人

日本は世界No1の保険加入率で90%を超えている。なぜここまで多いのか。

答えは簡単で、「みんなと一緒が安心」という意味不明な横並び体質

なんとなく。みんなが入っているから。そんな理由で保険加入。

もし周囲の皆がマルチビジネスを始めたら、自分もやるんでしょうね。

マルチも保険も集団心理

マルチビジネスに勧誘されるとき、決まって集団心理を利用されます。

・みんな稼げているよ

・あなたと同じ境遇で、年収2000万を超える人が沢山いるよ

これは保険でも同じで、

・みなさん入られています

・あなたの家庭環境なら、平均は月2万ですね

…どう見比べても同じに見えます。

 

保険とマルチの流れ⇒やっぱり同じ

マルチ自体は正当なビジネスモデルです。
度が過ぎた企業もありますが、優良企業として成長しているところも多数ある。

なぜ日本では悪名高いのか?

日本人の遭遇するマルチビジネス

参加者が販売物仕入れにお金を払う

判断能力と売る力が無い

マルチ会社にお金を取られたと騒ぐ

完全な自己責任。

では保険は。

保険になんとなく入る

保険を使う機会に遭遇しない

保険会社に寄付をしただけ

マルチと全く同じ図式。

マルチで失敗する理由

マルチでは、儲かるための「道筋」に乗れない人が失敗します。

保険も、なぜ自分にこの保険が必要なのか。何が起こったら利用できるのか。それを理解していないと単なる「寄付」で終わります。

【唯一の違い】保険は誰でも成功できる

マルチに入ろうとする人を止める仕組みは世の中にありません

しかし保険には、必要・不要の相談に乗ってくれる相談サービスがあります。

それも無料・客観的・中立な立場で。

既に加入した保険。これから入ろうとしている保険。本当にあなたに必要なものか、もう一度考えてみましょう。

一緒に読まれています

【14名の口コミ・評判】『FPのチカラ』なら女性担当者も指名可能!顔とプロフを見て選べる安心感

2017.05.25