ソニー生命おすすめ学資保険の返戻率

(2018年7月15日更新)

りえママ
学費保険がおトクになるための、事前準備ってある?
水沢
特に準備はいらないよ!

さらにトクするための裏ワザは、この記事で伝えるね

ここでは、ママたちに大人気のソニー生命学資保険をご紹介します。

より良い条件で契約するポイントや、加入したママ達のアンケートも公開しますので参考にしてくださいね。

\PR/

【ママたちの評価NO.1】「マザーズセレクション大賞」

ソニー生命マザーズセレクション大賞受賞

子育てママの評価で決まる「マザーズセレクション」(公式HP:マザーズセレクション)

ママたちの支持により受賞したのが、ソニー生命なんです。

【学資保険の傾向】2018年も利率は下がりそう

マイナス金利によってアフラック・かんぽ生命は元本割れ。

日本生命・フコク生命といった大手も、利率低下しています。

水沢
2018年も良い保険はつぎつぎ利率が下がりそうです。

幸い、学資保険は加入した瞬間の利率がずっと約束されるので、早めに検討しておきましょうね。


\PR/
>>ソニー生命学資保険
プレゼントキャンペーン中


 【戻り率を上げる4つの裏ワザ】面談の前には要チェック!

裏ワザ① 支払う期間を短くする[払込期間の設定]

学資保険は「払込期間」といって、お金を払い続ける期間を10年~18年から選びます。

あまり表にでない情報ですが、保険って長く寝かせたぶん戻り率が高まります

戻り率を最大にするには短く「10年」で払い切って、受け取る時期まで寝かせましょう。

裏ワザ② お金の受け取り時期[Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型]

受け取り時期
(子の年齢)
返戻率
Ⅰ型 12,15,18歳 102%前後
Ⅱ型 18歳に一括受取 104%前後
Ⅲ型 18,19,20,21,22歳 107〜108%

長く寝かせたぶん戻り率が増えるので、上の表で言うと「Ⅲ型」

大学入学から5分割で受け取ることがベストです。

裏ワザ③ 1年分まとめて払う「年払」は効果大[支払方法の設定]

月払 年払
払う
総額
1,864,800 1,850,800
14000も得
戻り率 107.2% 108%

(例:200万貯めるシミュレーション)

ほとんどの人は保険料を毎月払いにしますが、実は1年分まとめて払うと安くなります。

最終的に1万円以上も差がでるので、1年に1回まとめて支払う「年払」がおすすめです。

裏ワザ④ 「若さ」と「性別」でさらに返戻率を高める!

「若さ」と「女性」も戻り率を高める1つの要因です。

旦那様が年下で、奥様が年上でしたら、どちらが戻り率が良いか比較してもらいましょう。

\PR/

 【ソニー生命だけのメリット】毎月3000円台からOK?実際のシミュレーション

多くの学資保険は月10,000円~20,000円ほどの支払いが決められていて、家計への負担が大きいんですよね。

しかしソニー生命は自由にコントロール可能。

なんと毎月3000円台から加入できます。

ソニー生命学資保険シミュレーション

 

【先輩ママたちの感想】ソニー生命学資保険のアンケート結果

加入中のママ達による感想・口コミ・評判(ソニー生命学資保険)

集計期間2018年1月15日〜29日
(総回答数192名)

口コミPICKUP
  • 子供が産まれたので学資保険に入ろうとしてソニー生命に問い合わせをしました。
    担当のファイナンシャルプランナーさんは「漠然と学資保険に入らず、しっかり現在の収入と支出から考えましょう」と言ってくれて、その場では契約をすすめてきませんでした。
    とてもいい人と感じましたし、いい会社だと思いました。
    (女性/30代/既婚/専業主婦)
  • 子供の将来を考えて返戻率が高い方がいいですし、月々3000円台で学資保険に加入できるので無理なく積み立てできて、とても魅力に感じて加入しました。
    (女性/30代/既婚/専業主婦)
  • なんと言っても戻り率が高いことが一番の魅力です。毎月支払う保険料をコントロールできることも嬉しいです。
    (女性/30代/既婚/会社員)
  • ソニー生命の学資保険に加入しています。返戻率が良いのと、担当者がしっかりされていたのでソニー生命にしました。
    (女性/30代/既婚/専業主婦)
  • 親戚の仕事の関係で第一生命の学資保険に加入しております。不満はありませんでしたが返戻率は101%ほど。ソニー生命のほうが良かったな…返戻率は高い方がやはり嬉しいです。
    (女性/30代/既婚/専業主婦)
りえママ
保険って強引なイメージあるから、「その場で契約をすすめてこなかった」って感想があると安心だな〜。

\PR/
>>ソニー生命学資保険
プレゼントキャンペーン中


【まとめ】戻り率が高いうちに、入る・入らないを検討しましょう

日本がマイナス金利となり2017年は各保険会社が利率を下げました

そんな中でもソニー生命は好条件を維持しています。

2018年の戻り率低下も十分ありえるので、検討だけは早めにしたいところです。

水沢
加入する/しないを決めるのは、何%になるか見てからゆっくり考えてOKです。

まずはチャンスを逃さないよう、見積りをもらってみましょうね。

 

\PR/

お子様の未来のために
ソニー生命の学資保険